嵯峨嵐山文華館

開催中の企画展Current Exhibition

企画展

どうぶつ美術館

2022年07月16日(土) - 2022年10月10日(月)

日本画にしばしば登場する「動物」。
鹿や狸など身近に生息する野生動物や、牛や馬など家畜として人の生活を支えてきた動物を観察しながら、動くいきものの姿をいかに表現するかということは、古来多くの画家が取り組んできたテーマでした。
本展覧会では、動物が描かれるようになった背景や、画家を魅了した様々な動物画をご紹介いたします。

夏休みということでお子様向けにはプレゼントがもらえるクイズ企画もございます。

本展覧会は文化庁「Arts for the future! 2」補助対象事業となります。

企画展

展覧会の概要

日本画にしばしば登場する「動物」。動くいきものの姿をいかに表現するかは、古来多くの画家が取り組んできたテーマでした。
本展覧会では、日本人にとって動物がどのような存在であったのかという背景にも触れながら、さまざまな動物画をご紹介いたします。
 
円山応挙の愛くるしい《竹に狗子図》(前期)に始まり、虎の名手、大橋翠石による《獣王図》(通期)、木島櫻谷《秋野孤鹿》(通期)の優しい眼差しの鹿、金屏風いっぱいに描かれた竹内栖鳳の《春郊放牛図》(通期)や、菱田春草による《梅下白猫》(通期)など、巨匠たちの優れた動物画の数々をご覧いただき、動物に魅せられた画家の思いを汲み取っていただければ幸甚です。

展覧会情報

展示期間2022年7月16日(土)~10月10日(月・祝)
 前期2022年7月16日(土)~8月29日(月)
 ※ただし8月19日(金)~21日(日)は臨時休館
 後期2022年8月31日(水)~10月10日(月・祝)
主催嵯峨嵐山文華館・京都新聞
関連資料どうぶつ美術館チラシ(PDF)
作品リスト

作家紹介

大橋翠石、竹内栖鳳、西村五雲、速水御舟など

作品