嵯峨嵐山文華館

ニュースNews

立石前理事長・顧問のご逝去について

本財団前理事長であり顧問である立石義雄(オムロン株式会社 名誉顧問、京都商工会議所 名誉会頭)氏が、4月21日(火)にご逝去されました。享年80歳でした。

本財団は京都商工会議所120周年記念事業として平成15年11月に設立されましたが、立石氏は平成21年より約8年間にわたって理事長を務められました。
在職中は、中核施設である「時雨殿」の建設・運営をはじめ、小倉百人一首の歌碑建立や様々な芸術文化事業の開催など、小倉百人一首の普及・発展にご尽力いただきました。
理事長職を退かれた後も、 本財団顧問という立場から、 リニューアルオープンした「嵯峨嵐山文華館」の運営並びに芸術文化事業をご支援いただいておりました。

ご生前のご功績を偲び、財団職員一同、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

企画展