嵯峨嵐山文華館

開催予定の展覧会Upcoming Exhibitions

いろトリどり - 描かれた鳥たち

2019年07月27日(土) - 2019年10月20日(日)

大堰川沿いを歩いていると、川には鴨が泳ぎ、あちこちから色んな鳥の鳴き声が聞こえてきます。
すぐそばにいるようですが、警戒心が強くてなかなか近くで姿を見せてくれない鳥。
日本の風土に根ざした鳥たちは、自然の一部として、また興味深いモチーフとして、多くの画家によって描かれてきました。
本展覧会では、江戸時代から昭和までの多種多彩な鳥にまつわる絵画を展示し、実際の鳥と描かれた鳥との比較を通して、鳥の魅力に迫ります。

鳥好きは必見です。夏休みは、涼しい文華館でバードウォッチングしましょう!

企画展

夢二のてしごと展

2019年10月26日(土) - 2020年01月13日(月)

竹久夢二(1884-1934)と聞いてみなさんはどのような作品を思い浮かべますか?
洋装姿のハイカラな女性や着物姿の物憂げな美人をイメージする方が多いでしょう。
しかし、夢二の画業はそれだけにとどまりません。本の装丁、楽譜や雑誌の表紙・挿絵、さらには作詞も手掛けるマルチな才能の持ち主でした。使用した画材も、油彩、水彩、パステル、ペンなど多岐にわたります。
本展覧会では「セノオ楽譜」など貴重な原画をはじめ、夢二の多才ぶりを感じる作品を多数展示いたします。
初期から晩年までの夢二の幅広い「てしごと」をお楽しみください。

企画展