嵯峨嵐山文華館

開催予定の企画展Upcoming Exhibitions

企画展

SONGS - 定家・芭蕉・蕪村・夢二 -

2019年02月02日(土) - 2019年05月12日(日)

ここ嵯峨嵐山は、藤原定家が小倉百人一首を撰した場所でも知られるように、歌と関わりの深いところです。本展覧会では、藤原定家が嵯峨中院障子に書いたとされる小倉色紙をはじめ、江戸時代の俳聖である松尾芭蕉や、芭蕉を尊敬してやまなかった与謝蕪村の俳画、詩人としても知られる近代の画家竹久夢二の作品など、さまざまな歌のかたちを展示します。
四季折々の風景に心を震わせた古代の歌人、日常のささやかな一コマを軽妙に詠った近世の俳人たち。絵画のみならず作詞も手がけた多才な夢二。彼らは、どんな思いを歌や絵に託したのでしょうか。歌と絵画が織りなす協奏の世界をお楽しみください。
さあ、あなたには、どんなSONGが聞こえますか?

企画展

展覧会の概要

追ってお知らせいたします

展覧会情報

会期2019年2月2日(土) - 2019年5月12日(日)
開館時間10:00 - 17:00 (入館は16:30まで)
休館日火曜日 (祝日の場合は翌日)
観覧料一般・大学生 900円 (800円)
高校生    500円 (400円)
小中学生   300円 (250円)

※( )内は20名以上の団体料金です
※身障者手帳をお持ちの方は介添人1名まで500円(団体 400円)
※幼児無料
※常設展もご覧頂けます
主催小倉百人一首文化財団
後援未定

作家紹介

作家名

説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。

作家名

説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。説明テキストが入ります。

作品